胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリで摂ることが望ましいです。しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。しかし、母体の健康維持を考える上でも必要な栄養素なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。妊活中の女性において、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。他には、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。

仲良くしている友人が妊娠したいと話していた頃に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女が言うには体質から変えたい、と考えているようでした。漢方だったら飲むことに抵抗がありませんね。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が要らないのかと言うと、そうではないのです。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く一つの食品群に偏らないことが健康維持にもつながるのも事実です。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。

初めての妊活